RYUNOSUKE SUZUKIRYUNOSUKE SUZUKI
進取果敢

大人びた雰囲気の中で闘志を燃やすチャレンジャー

在川 孝徳

2020年入社
ソリューション営業採用

INTERVIEW

責任者としてアルバイトをされていたようですが、就活ではどのような点を重要視していましたか?

私の就活は経歴や性格を企業に見てもらいオファーを受け、自分もその企業に興味があれば選考を進めていくというものでした。
なぜ自分の行きたい企業にエントリーする一般的な就活をしなかったかというと、私自身に進みたい業界がなかったからです。
業界も絞っていないのに焦って選考を進めるのは私にとっても企業にとっても”合わない”というミスマッチに繋がる可能性が高いです。
企業側も採用のプロなので就活生をじっくり見て会社に合うか判断してオファーしてくれるという点に魅力を感じこの就活を行いました。
大企業だけは行きたくない、成長企業で這い上がってやるという気持ちだった私の元に数十ものオファーが来て最終面接も数社、まさに狙い通りの就活でした。

プロ・フィールドの早期内定承諾への決め手は?

社員数も多い中、3人しかいない営業に私を入れると言われたことが決め手でした。どんなに大変でも与えられた仕事から逃げずにやり抜くことこそ圧倒的成長と考えている私にとって、このポジションは非常に魅力を感じ、他社の最終面接を全て辞退し早期内定承諾しました。
早期承諾したもののプロ・フィールドという会社が少し不透明だったのですが、先輩社員の吉田さんと面談させていただいたことでプロ・フィールドという会社は仲間を大切にしている会社だと気付きました。また吉田さんとじっくり面談をし「この人についていきたい!」と感じたことも内定承諾の決め手の一つとなりました。
社会人としての基礎を身に付け、プロ・フィールドでトップ営業マンを目指します!

職種の違うエンジニアが多い同期との内定者研修はいかがですか?

職種は違えど全員で同じ研修をやっています。
名刺交換やお辞儀の仕方など社会人に必要な知識を学ぶビジネスマナー研修や、PCの解体・組み立てを同期と協力して行うIT企業ならではの研修も行っています。
研修は全員で話し合う機会が多く、何気ない会話や同期の趣味などで盛り上がったりと研修がある度に同期との仲が深まっています。またお互いを知ることで考え方の違いに驚くことも多く、自分の考えでは到達できないことでも、その考え方の違いがきっかけで求めていた答えが導き出せることもあります。入社前にもっと同期の色んな考え方を知り仲を深めて助け合っていきたいです。

こだわりの趣味について教えてください!

趣味は車です。走るのもカスタマイズするのも好きです。物心つく頃にはミニカーを握りしめていたので好きというよりは人生の一部です。
車の魅力は一台一台同じものが存在しないことです。同じ車種でもオーナーの趣向によって世界で一台しかない車に仕上がったり、エンジンも乗り方やメンテナンス次第で性格が変わってきたりと所有しているというより共に生きているという方がしっくりきます。
物が壊れるという現実は変えられないので車にとってのベストな状態を保ち、長く付き合っていくことが車にしてあげられる一番の愛情だと思います。なんて言ったって人生をともにする大切なパートナーですからね!