Medical Solution 株式会社プロ・フィールド

電子カルテなら株式会社プロ・フィールド

製品情報

電子カルテ導入のメリット

電子カルテを単なる「診療記録を電子化したもの」と捉えると、その導入メリットは一部しか享受できませんが、電子カルテを診療情報のデータベースと考えれば様々な活用方法がみえてきます。



メリット1 第1は、ぺーパーレスな診療体制を作ることができます。診療には、紙のカルテ、紙の伝票、X線フィルムなど、紙などの媒体が非常に多く使われていますがが、これらをすべて電子化して、紙もフィルムもなくした診療体制を作ることができます。これにより診療は効率化するのみでなく、保存スペースが飛躍的に少なくなります。


メリット2 第2に、診療情報の多目的な利用が容易になります。電子カルテには診療情報のすべてが入っているから、ここから、診療報酬請求明細書、紹介状、さまざまな証明書や審査書類などを容易に作ることができます。


メリット3 第3に、診療情報を蓄積し、データベース化して、病院管理、経営分析などに役立てることができます。


メリット4 第4に、診療支援情報を診療の場に直接提供することができます。例えば、薬剤の添付文書や診療ガイドラインなどを画面上に表示したり、医師の入カや患者の情報を組み合わせて種々の警告を画面上に表示することもできます。


メリット5 第5に、電子カルテを複数の医療機関で共通利用して診療ネットワークを形成し、患者が病院と診療所の間を移動しても、同じ情報を利用出来るようになります。


メリット6 第6に、電子カルテを患者への情報開示の手段として用いることができます。例えば、病院にある電子カルテをインターネットで患者が白宅で見ることができるようになります。


このように様々なメリットを考えることができます。それぞれのクリニック様が、自らの経営課題をクリアする情報戦略を立案し、それにのっとって電子カルテシステムの構築を行う必要があります。



【参考文献】
「電子カルテシステムの普及に向けた厚生労働省の取り組み」
「電子カルテ開発に向けたMEDIS-DCの取り組み」




ページのトップへ
■会社情報
会社概要 | 企業理念 | 会社沿革 | プレスリリース | アクセスマップ | 個人情報保護方針 | 運営サイト一覧
Copyright (C) Profield Inc. All Rights Reserved.